業績

  • 論文誌
    • Bi Ye, Yuichiro Fujimoto, Yuta Uchimine, Taishi Sawabe, Masayuki Kanbara, Hirokazu Kato, “Cross-talk Elimination for Lenslet Array Near Eye Display Based on Eye-gaze Tracking”, Optics Express, Vol.30, No.10, pp. 16196-16216, Apr. 2022.
    • Taishi Sawabe, Suguru Honda, Wataru Sato, Tomoki Ishikura, Masayuki Kanbara, Sakiko Yoshikawa, Yuichiro Fujimoto, Hirokazu Kato, “Robot touch with speech boosts positive emotions”, Scientific Reports, Vol.12, No.1, pp.1-8, Apr. 2022.
    • Zhaofeng Niu, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “DFusion: Denoised TSDF Fusion of Multiple Depth Maps with Sensor Pose Noises,” Sensors, Vol.22, No.4, Feb. 2022.
    • Nicko R.Caluya, Alexander Plopski, Christian Sandor, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Hirokazu Kato, “Does overlay field of view in head-mounted displays affect spatial memorization?,” Computers & Graphics, Elsevier, Sep. 2021, DOI: 10.1016/j.cag.2021.09.004.
    • Hangyu Zhou, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara and Hirokazu Kato, “Virtual Reality as a Reflection Technique for Public Speaking Training”, Applied Sciences, 11(9), April 2021, DOI: 10.3390/app11093988.
    • Varunyu Fuvattanasilp, Yuichiro Fujimoto, Alexander Plopski, Takafumi Taketomi, Christian Sandor, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “SlidAR+: Gravity-Aware 3D Object Manipulation for Handheld Augmented Reality,” Computers & Graphics, Elsevier, Vol.95, No.1, pp.23-35, Apr. 2021, DOI: 10.1016/j.cag.2021.01.005.
    • Shogo Nishimura, Takuya Nakamura, Wataru Sato, Masayuki Kanbara, Yuichiro Fujimoto, Hirokazu Kato, Norihiro Hagita, “Vocal Synchrony of Robots Boosts Positive Affective Empathy,” Applied Sciences, MDPI(Multidisciplinary Digital Publishing Institute), Vol.11, No.6, p.2502, Mar. 2021, DOI: 10.3390/app11062502.
    • Shogo Nishimura, Daiki Kimata, Wataru Sato, Masayuki Kanbara, Yuichiro Fujimoto, Hirokazu Kato, Norihiro Hagita, “Positive Emotion Amplification by Representing Excitement Scene with TV Chat Agents,” Sensors, Vol.20, No.24, p.7330, Dec. 2020, DOI: 10.3390/s20247330, movie: https://youtu.be/xJP9lcZyfJw.
    • Dawar Khan, Alexander Plopski, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Gul Jabeen, Jessica Zhang, Xiaopeng Zhang and Hirokazu Kato, “Surface Remeshing: A Systematic Literature Review of Methods and Research Directions”, IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, 2020.
    • Ryo Akiyama, Goshiro Yamamoto, Toshiyuki Amano, Takafumi Taketomi, Alexander Plopski, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Christian Sandor, Hirokazu Kato, “Illusory Light: Perceptual Appearance Control Using a Projection-Induced Illusion”, Computers & Graphics, 2020.
    • Dawar Khan, Alexander Plopski, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Zhanglin Cheng, Hirokazu Kato, “Valence Optimization and Angle Improvement for Molecular Surface Remeshing”, The Visual Computer, Springer, Jul. 2020.
    • Shota Shiratori, Yuichiro Fujimoto, and Kinya Fujita: “Predicting Uninterruptible Durations of Office Workers by using Probabilistic Work Continuance Model”, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E103-D, No.04, pp.838-849, Apr. 2020. (pdf file)
    • Yasumasa Kobayashi, Yuichiro Fujimoto, and Kinya Fujita: ” Development of E-mail Delivery Mediation System Based on Interruptibility and Its Evaluation in Daily Office Work Scenario ”, IEEE Access, Vol.7, No.1, pp.94084-94096, Jul. 2019. (pdf file)
    • Yuichiro Fujimoto, and Kinya Fujita: “Depth-Based Human Detection Considering Postural Diversity and Depth Missing in Office Environment”, IEEE Access, Vol.7, No.1, pp.12206-12219, Jan. 2019. (pdf file)
    • Yuichiro Fujimoto: “Projection Mapping for Enhancing the Perceived Deliciousness of Food”, IEEE Access, Vol.6, No.1, pp.59975-59985, Dec. 2018. (pdf file)
    • 荒川大樹, 小粥大敬, 藤本雄一郎, 藤田欣也: “非接地型力覚提示装置を用いた作業におけるトルク認知支援のための回転成分強調 VC の提案”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.22, No.1, pp.103-112, 2017. (pdf file)
    • Yuichiro Fujimoto, Ross T. Smith, Takafumi Taketomi, Goshiro Yamamoto, Jun Miyazaki, Hirokazu Kato, and Bruce H. Thomas: “Geometrically-correct projection-based texture mapping onto a deformable object”, IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (TVCG), Vol.20, No.4, pp.540-549, Mar. 2014. (pdf file)
    • 藤本雄一郎, 山本豪志朗, 武富貴史, 宮崎純, 加藤博一: “拡張現実感における情報提示の特性とユーザの記憶効率の関連性”, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol.18, No.1, pp.81-91, 2013. (pdf file)
  • 書籍
    • Dieter Schmalstieg, and Tobias Hollerer, (編集:池田 聖, 酒田 信親, 山本 豪志朗) (翻訳:池田 聖, 一刈 良介, 大槻 麻衣, 河合 紀彦, 酒田 信親, 武富 貴文, 藤本 雄一郎, 森 尚平, 山本 豪志朗), “ARの教科書”, マイナビ出版, 2018年9月.
    • 浦西 友樹, 青砥 隆仁, 井村誠孝, 大倉 史生, 金谷一朗, 小枝 正直, 中島 悠太, 藤本 雄一郎, 山口明彦, 山本 豪志朗: “画像処理・機械学習プログラミング OpenCV3対応”, マイナビ出版, 2017年6月.
    • 藤本 雄一郎, 青砥 隆仁, 浦西 友樹, 大倉 史生, 小枝 正直, 中島 悠太, 山本 豪志朗: “OpenCV3プログラミングブック”, マイナビ出版, 2015年9月.
  • 国際会議(査読あり)
    • Yuichiro Fujimoto, Taishi Sawabe, Masayuki Kanbara, Hirokazu Kato, “Structured Light of Flickering Patterns Having Different Frequencies for a Projector-Event-Camera System,” The IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR), Mar. 2022.
    • Taishi Sawabe, Masayuki Kanbara, Yuichiro Fujimoto, Hirokazu Kato, “Toward Understanding the Effects of Visual and Tactile Stimuli to Reduce the Sensation of Movement with XR Mobility Platform,” The IEEE Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR), Poster, Online, 14 Mar. 2022.
    • Shogo Kanda, Taishi Sawabe, Masayuki Kanbara, Yuichiro Fujimoto, Hirokazu Kato, “A Communication Robot for Playing Video Games Together to Boost Motivation for Daily-use,” ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction Late-Breaking Reports (HRI2022), IEEE, pp.1-3, Poster, Online, 9 Mar. 2022.
    • Taishi Sawabe, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Hirokazu Kato, “XR Mobility Platform: Multi-Modal XR System Mounted on Autonomous Vehicle for Passenger’s Comfort Improvement,” IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2021), Poster, Online (Italy), 7 Oct. 2021.
    • Zhaofeng Niu, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “HMA-Depth: A New Monocular Depth Estimation Model Using Hierarchical Multi-Scale Attention,” 17th International Conference on Machine Vision Applications, Online, Jul. 2021.
    • Yanjiao Ao, Masayuki Kanbara, Yuichiro Fujimoto, and Hirokazu Kato, “MR System to Promote Social Participation of People Who Have Difficulty Going Out,” International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2021), Springer, Vol.12787, pp.383-402, Online, Jul. 2021, DOI: 10.1007/978-3-030-78111-8_26.
    • Nicko R. Caluya, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “Influencing Driving Speed Using Perception-Based Augmented Reality,” Asia-Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality 2021 (APMAR2021), Online, Apr. 2021.
    • Keishi Tainaka, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Hirokazu Kato, Atsunori Moteki, Kensuke Kuraki, Kazuki Osamura, Toshiyuki Yoshitake, and Toshiyuki Fukuoka, “Guideline and Tool for Designing an Assembly Task Support System Using Augmented Reality”, In Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR), Nov. 2020.
    • Alessandro Luchetti, Edoardo Parolin, Isidro III Butaslac, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Paolo Bosetti, Mariolino De Cecco, and Hirokazu Kato, “Stepping over Obstacles with Augmented Reality based on Visual Exproprioception”, In Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR), Poster, Nov. 2020.
    • Zhou Hangyu, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “Effectiveness of Virtual Reality Playback in Public Speaking Training,” Workshop on Social Affective Multimodal Interaction for Health (SAMIH) in 22nd ACM International Conference on Multimodal Interaction (ICMI2020), ACM, Online, 29 Oct. 2020.
    • Isidro III Butaslac, Alessandro Luchetti, Edoardo Parolin, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara1, Mariolino De Cecco, and Hirokazu Kato, “The Feasibility of Augmented Reality as a Support Tool for Motor Rehabilitation”, In Proceedings of International Conference on Augmented Reality, Virtual Reality and Computer Graphics (Salento AVR), Online, Sep., 2020 (Accepted).
    • Taishi Sawabe, Suguru Honda, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “Investigation of the Human-Robot Interaction in Affective Robotics Using HRI with apparent differences in VR/AR”, In Proceedings of International Workshop on Virtual, Augmented and Mixed Reality for Human-Robot Interaction (VAM-HRI), Online, Aug. 2020.
    • Naoki Inoue, Yuichiro Fujimoto, Alexander Plopski, Sayaka Okahashi, Masayuki Kanbara, Hsiu-Yun Hsu, Li-Chieh Kuo, Fong-Chin Su, Hirokazu Kato, “Effect of Display Location on Finger Motor Skill Training with Music-based Gamification”, In Proceedings of International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2020), pp.78-90, Online, Jul. 2020.
    • Dawar Khan, Alexander Plopski, Yuichiro Fujimoto, Masayuki Kanbara, Zhanglin Cheng, Hirokazu Kato, “Valence Optimization for Molecular Surface Remeshing”, the First International Conference On Medical Imaging and Computer-Aided Diagnosis (MICAD 2020), United Kingdom, Oxford, Jan. 2020.
    • Silviya Hasana, Yuichiro Fujimoto, Alexander Plopski, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “Improving Color Discrimination for Color Vision Deficiency (CVD) with Temporal-domain Modulation”, In Proceedings of International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2019), pp.233234, Poster, Beijing, China, Oct. 2019.
    • Suguru Honda, Taishi Sawabe, Shogo Nishimura, Wataru Sato, Yuichiro Fujimoto, Alexander Plopski, Masayuki Kanbara, and Hirokazu Kato, “Evaluation of Relationship between Stroke Pace and Speech Rate for Touch-Care Robot”, In Proceedings of the 7th International Conference on Human-Agent Interaction, pp.283-285, Kyoto, Japan, Sep. 2019
    • Mitsuki Komori,Yuichiro Fujimoto, Jianfeng Xu, Kazuyuki Tasaka, Hiromasa Yanagihara, and Kinya Fujita: “Experimental Study on Estimation of Opportune Moments for Proactive Voice Information Service Based on Activity Transition for Persons Living Alone”, In Proceedings of International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2019), pp.527-539, Florida, USA, Jul. 2019
    • Yuichiro Fujimoto: “Simple Projection Mapping for Food: Local Appearance Modification for Enhancement of Perceived Deliciousness”, In Proceedings of Asia Pacific Workshop on Mixed and Augmented Reality (APMAR2019), pp.1-5, Nara, Japan, March 2019.
    • Yuichiro Fujimoto: “Food Appearance Optimizer: Automatic projection mapping system for enhancing perceived deliciousness based on appearance”, In Proceedings of IEEE Virtual Reality Conference 2019 (IEEEVR2019), pp.927-928, Poster, Osaka, Japan, Mar. 2019.
    • Kyohei Komuro,Yuichiro Fujimoto, and Kinya Fujita: “Relationship Between Worker Interruptibility and Work Transitions Detected by Smartphone”, In Proceedings of International Conference on Human-Computer Interaction (HCII2017), pp.687-699, Vancouver, Canada, Jul. 2017.
    • Yuichiro Fujimoto, Goshiro Yamamoto, Takafumi Taketomi, Christian Sandor, and Hirokazu Kato: “[Poster] Pseudo Printed Fabrics through Projection Mapping”, In Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality 2015 (ISMAR2015), pp.174-175, Poster, Fukuoka, Japan, October 2015.
    • Yuichiro Fujimoto, Ross T. Smith, Takafumi Taketomi, Goshiro Yamamoto, Jun Miyazaki, Hirokazu Kato, and Bruce H. Thomas: “Geometrically-Correct Projection-Based Texture Mapping onto a Deformable Object”, IEEE Virtual Reality Conference 2014(IEEEVR2014), Minneapolis, Minnesota, USA, Apr. 2014.
    • Yuichiro Fujimoto, Goshiro Yamamoto, Takafumi Taketomi, Jun Miyazaki, Hirokazu Kato: “Relationship between Features of Augmented Reality and User Memorization”, In Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality 2012 (ISMAR2012), pp.279-280, Poster, Atlanta, Georgia, Nov. 2012.
    • Yuichiro Fujimoto, Goshiro Yamamoto, Jun Miyazaki, and Hirokazu Kato: “Relation between Location of Information Displayed by Augmented Reality and User’s Memorization”, In Proceedings of 3rd Augmented Human International Conference (AH2012), pp.93-100, Megeve, France, Mar. 212.
  • 国際会議(査読なし)
    • Yuichiro Fujimoto, Takafumi Taketomi, Goshiro Yamamoto, Jun Miyazaki, Hirokazu Kato, Ross T. Smith, and Bruce H. Thomas: “Geometrically-correct projection-based texture mapping onto a cloth”, In Proceedings of IEEE International Conference on Virtual Reality 2014 (IEEEVR2014), pp.169-170, Demonstration, Apr. 2014.
    • Yuichiro Fujimoto, Tomohisa Yamada, Takafumi Taketomi, GoshiroYamamoto, Jun Miyazaki, Hirokazu Kato: “Construction of a Projection-based Augmented Reality System based on Shape Measurement using Flexible Marker for Design Support”, USB Proceedings of The 6th Korea-Japan Workshop on Mixed Reality (KJMR2013), April 2013.
    • Yuichiro Fujimoto, Chu Cheng Tse, Makoto Fujisawa, Toshiyuki Amano, Jun Miyazaki, Hirokazu Kato: “AR Dictionary: Dynamic Annotation for English Words in Printed Documents.” In Proceedings of 20th International Conference on Artificial Reality and Telexistence (ICAT2010), pp.239, Demonstration, Dec. 2010.
  • 国内会議(査読なし)
    • 阿部 将士, 秋吉 拓斗, Isidro Butaslac, Hangyu Zhou, 澤邊 太志, 藤本 雄一郎, “Hype Live:生体情報によるエージェント振る舞いと 感情表現を用いた一体感向上VRライブシステム,” 第26回バーチャルリアリティ学会大会 予稿集, 日本バーチャルリアリティ学会, Online, 2021年9月14日.
    • 澤邊 太志, 神原 誠之, 藤本 雄一郎, 加藤 博一, “自動走行マルチモーダルMRシステムを用いた移動感覚の隠消現実,” 第26回バーチャルリアリティ学会大会 予稿集, 日本バーチャルリアリティ学会, Online, 2021年9月13日.
    • 藤本 雄一郎, “AR/MR研究シーズ・ショーケース – イベントカメラを用いたプロジェクタカメラ ,” 第26回バーチャルリアリティ学会大会 予稿集, 日本バーチャルリアリティ学会, Online, 2021年9月12日.
    • 田井中 渓志, 藤本 雄一郎, 神原 誠之, 加藤 博一, 茂木 厚憲, 倉木 健介, 長村 一樹, 吉武 敏幸, 福岡 俊之, “組み立て作業支援のためのARシステム設計補助ツール, ” 第25回日本バーチャルリアリティ学会大会, 日本バーチャルリアリティ学会, No.3B1-2, Online, 2020年9月.
    • 高橋哲生, 近藤恵太, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”指先での精密作業のための運動成分を考慮した手・指モデル”, 第23回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 22A-4, 仙台, 2018年9月.
    • 小室喬平, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”スマートフォンで検出された作業遷移とPC操作情報に基づく作業者の割り込み拒否度推定”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2018論文集, 7B3-2, つくば, 2018年9月.
    • 小森光月, 藤本雄一郎, 徐建鋒, 田坂和之, 柳原 広昌, 藤田欣也:”独居者宅内での行動遷移に基づく音声情報提示機会の推定にむけた実験的検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2018論文集, 6C1-2, つくば, 2018年9月.
    • 藤本雄一郎, 小森光月, 徐建鋒, 田坂和之, 柳原 広昌, 藤田欣也:”宅内での適切な音声情報提示タイミング推定モデルの検討”, 情報処理学会第80回全国大会, 5E-03, 東京, 2018年3月.
    • 藤本雄一郎, 永澤由基, 徐建鋒, 田坂和之, 柳原 広昌, 藤田欣也:”音声によるプッシュ型情報提供にむけた身体動作に基づく情報提示機会の推定可能性”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2017論文集, 7D1-5, 大阪, 2017年9月.
    • 白鳥翔太, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”確率的作業持続モデルを用いたPC作業持続時間の予測可能性の検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2017論文集, 6B2-1, 大阪, 2017年9月 (ヒューマンインタフェース学会学術奨励賞).
    • 永澤由基, 藤本雄一郎, 徐建鋒, 酒澤茂之, 藤田欣也:”リビングルーム在室者の身体動作に基づく会話ロボットのための話しかけに適切なタイミング推定に関する基礎検討”, 情報処理学会第79回全国大会, 6D-01, 愛知, 2017年3月.
    • 白鳥翔太, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”確率的作業持続モデルを用いたPC作業者の割り込み非許容時間の予測”, 情報処理学会第79回全国大会, 3Y-07, 愛知, 2017年3月 (学生奨励賞).
    • 山崎朱華, 広田光一, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”手全体で3D物体に触れるための多点力覚レンダリング”, 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 14A-04, つくば, 2016年9月.
    • 渡辺泰地, 坂本瑛介, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”能動触に対する手指への振動フィードバックによる3次元形状の疑似提示法の検討”, 第21回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, 13A-06, つくば, 2016年9月.
    • 小室喬平, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”スマートフォン情報の併用による PC 作業者の割り込み拒否度推定精度の改善可能性”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2016論文集, pp.5-10, 東京, 2016年9月.
    • 武蔵翔吾, 荒川大樹, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”非接地型力覚提示装置を用いた両手作業VR における作業支援”, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.78-81, 東京, 2015年9月.
    • 荒川大樹, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”非接地型指先力覚提示装置を用いたVR操作のための運動成分分離VCの提案”, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.74-77, 東京, 2015年9月.
    • 伊賀 北斗, 田中 貴紘, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”PC操作に基づく割り込み拒否度低下タイミングの予測可能性の検討”, ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集, pp.923-928, 函館, 2015年9月.
    • 藤本雄一郎, 武富貴史, 山本豪志朗, 宮崎純, 加藤博一: “柔軟物体への幾何学的整合性を考慮したテクスチャ投影”, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.238-241, 大阪, 2013年9月.
    • 藤本雄一郎, Childs Brodrick, 山本豪志朗, 宮崎純, 加藤博一: “拡張現実感による情報提示位置の変化がユーザの記憶効率に与える影響”, 第16回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集, pp.606-609, 2011年9月.
  • 研究会等
    • 山内 翔太郎, 澤邊 太志, 藤本 雄一郎, 神原 誠之, 加藤 博一, “タッチケアロボットのための人の「話しながらなでる」動作の解析,” CNR研究会, 電子情報通信学会, pp.1-4, Online, 2022年3月4日.
    • 澤邊 太志, 神原 誠之, 藤本 雄一郎, 加藤 博一, “移動感覚制御のためのXRモビリティプラットフォーム,” ITS研究会, 電子情報通信学会, pp.1-6, Online, 2022年2月22日.
    • 神田将吾, 澤邊 太志, 神原 誠之, 藤本 雄一郎, 加藤 博一, “継続利用意欲の向上を目的としたTVゲームを共にプレイする対話ロボットの提案,” CNR研究会, 電子情報通信学会 クラウドネットワークロボット研究会(CNR), ポスター,東京, 日本, 2021年11月26日.
    • 上田俊太郎, 藤本 雄一郎, 澤邊 太志, 神原 誠之, 加藤 博一, “組み立て・メンテナンス作業を支援する汎用型 AR 作業支援システムのコンテンツ記述フォーマット,” 日本バーチャルリアリティ学会研究報告 複合現実感研究会, Vol.26, No.CS-3, pp.57-61, Online, 2021年10月29日.
    • 藤本 雄一郎, “明所で動作するプロジェクションマッピング,” メディアエクスペリエンス・バーチャル環境基礎研究会 (MVE) , 2021年9月17日.
    • 澤邊 太志, 神原 誠之, 藤本 雄一郎, 加藤 博一, “自動走行時の快適性向上を目的としたXRモビリティプラットフォームの構築,” 電子情報通信学会 クラウドネットワークロボット研究会(CNR), 電子情報通信学会 クラウドネットワークロボット研究会(CNR), Vol.121, No.93, pp.4-7, Online, 2021年7月.
    • 田井中渓志, 藤本 雄一郎, Alexander Plopski, 神原 誠之, 加藤 博一, 武富 貴史, 茂木厚憲, 長村一樹, 倉木健介, 吉武敏幸, 福岡俊之: “組み立て作業支援のための拡張現実感ソフトウェア設計ガイドラインの提案”, 日本バーチャルリアリティ学会研究報告 複合現実感研究会, Vol.24, No.CS-3, pp.37-42, 北海道斜里町, 2019年10月.
    • 澤邊太志, 本多 克, 藤本 雄一郎, 神原 誠之, 加藤 博一, “VR/ARを用いた視覚的変化による「なでながら話す」マルチモーダルインタラクティブロボットに関する心地良さの印象評価,” 電子情報通信学会 クラウドネットワークロボット研究会(CNR), 電子情報通信学会, Online, 2020年9月.
    • 本多 克, 澤邊 太志, 西村 祥吾, 佐藤 弥, 藤本 雄一郎, Alexander Plopski, 神原 誠之, 加藤 博一, “マルチモーダルインタラクティブロボットにおける「なでる」動作速度と話速の関係性の評価”, 電子情報通信学会 技術研究報告, クラウドネットワークロボット, Vol.119, No.189, pp.1-6, 2019年8月.
    • 栗田 優輝, 西村 祥吾, 佐藤 弥, Alexander Plopski, 藤本 雄一郎, 神原 誠之, 加藤 博一, “対話者の動作推定に基づくロボットによるミラーリングの影響に関する検討”, 電子情報通信学会 技術研究報告, クラウドネットワークロボット, Vol.119, No.81, pp.49-53, 2019年6月.
    • 小室喬平, 藤本雄一郎, 藤田欣也:”スマートフォンにより検出された作業遷移と割り込み拒否度との関連性の分析”, 電子情報通信学会技術研究報告IEICE technical report 信学技報 116(32), pp.133-138, 沖縄, 2016年5月.
    • 藤本雄一郎, 中山雅野, 横山ひとみ, 清水郁子, 藤田欣也: “複数の人形状弱識別器を用いたオフィス環境における作業者位置検出”, 電子情報通信学会技術研究報告IEICE technical report 信学技報 115(517), pp.131-136, 東京, 2016年3月.
    • 小山田 雄仁, 五十川 麻理子, 森 尚平, 藤本雄一郎, 武富貴史: “ISMAR2014会議報告”, 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM)予稿集, 2015-CVIM-195(23), 奈良, 2015年1月.
    • 大石岳史, 武富貴史, 藤本雄一郎, 大槻麻衣, 池田聖, 清川清: “ISMAR2013会議報告”, 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会(CVIM)予稿集, Vol.113, No.402, pp.229-236, 大阪, 2014年1月.
    • 藤本雄一郎, 山本豪志朗, 宮崎純, 加藤博一: “拡張現実感における情報表示位置と ユーザの記憶効率の関連性”, ヒューマンインタフェース学会研究会(SIG-DE-08), 2011年12月.
    • 藤本雄一郎, Chu Cheng Tse, 藤澤誠, 天野敏之, 宮崎純, 加藤博一: “拡張現実感辞書システムの開発とその有効性の評価”, パターン認識・メディア理解研究会, PRMU2010-165, 滋賀, 2011年1月.
  • 解説・総説
    • プロジェクションマッピングの現在, 電子情報通信学会誌, Vol.103 No.4, pp.431-436, 2020.
  • 研究助成
    • “拡張現実感を用いた組み立て・点検作業支援システムの継続使用による訓練効果”, 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究 (C), #22K12127, Apr. 2022 – Mar. 2025, 4,160千円, (研究代表者).
    • “イベントカメラによるHMD使用時の顔部位計測技術”, 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST), AIPチャレンジ, 2020年6月 – 2021年3月, 1,000千円 (研究代表者).
    • “イベントカメラと波紋運動パタンを用いた屋内外で利用可能なアクティブステレオ”, 日本学術振興会, 科学研究費補助金若手研究, 20K19849, 4,290千円, 令和2-3年度 (研究代表者).
    • “音楽ゲームフィケーションとARを用いて長期継続利用を促進する手指運動訓練システム”, 中山隼雄科学技術文化財団 助成研究A-重点研究, 2,000千円, 2020 (研究代表者).
    • 仮想エージェントによる個人適応された情動社会スキルの訓練 (Training Adapted Personalised Affective Social Skills with Cultural Virtual Agents)“, 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST), 戦略的研究推進事業 日仏共同提案 ANR-CREST, 250,000千円, 2019-2024 (研究参加者).

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。